» フレンチブルドッグの子犬のブログ記事

そろそろ生後1か月を迎えたフレンチブルドッグの子犬ちゃんたち。

今までミルクを飲んでいましたが、少しずつ離乳食に切り替える時期です。

先日の お食い初め の様子です。

 

まずはピンクちゃん。

フレンチブルドッグのお食い初めの様子

お手々を入れちゃいましたが、嫌がらずに自分で食べました^^

 

続いて、黒くん。

フレンチブルドッグの子犬の離乳食

離乳食より、お皿が気になる様子…。お皿をガジガジ噛んでいましたが、ちゃんと食べました^^

 

続いて、ピンクちゃん。

フレンチブルドッグの赤ちゃんの食事風景

一生懸命、まじめに食べました^^

 

続いて、みどりちゃん。

furench_bulldog_20170209-4

こちらも上手に食べていました^^

 

最後に茶色くん。

フレンチブルドッグの子犬の離乳食の様子

ガツガツ沢山食べました^^

 

 

みんな、初めてなのに嫌がることもなく、自分でお皿から上手に食べることができました。

 

離乳食も始まってこれからどんどんブリブリして、ますますかわいくなってきます。

一生懸命にごはんを食べている姿は何とも愛らしいです。

 

沢山食べて大きくなぁーれー♪

 

 

 

 

 

 

お久しぶりの更新です。

先日、1/6に当犬舎にて子犬が誕生しました。
うちは犬舎といっても少数頭数しかいないので、お産はかなり久々の、かれこれ2年ぶりです。

フレンチブルドッグ001

 

クリームの男の子が2頭、女の子が3頭です。

 

 

 

お母さんはオリーブちゃん。

構成も良く、チャンピオン直子でアメリカチャンピオンの孫にあたります。

アメリカ系の素晴らしい血統で、フレブルらしいムチコロちゃんです。

吠えないと言われているフレンチブルドッグの中でも本当に吠えない子です^^

少し恥ずかしがり屋ですが、人もわんこも大好きで誰とでも仲良く遊びます。

基本的に「怒る」ことはないので、知らない人やわんこと会う時も安心して見ていられます。

001

 

 

 

お父さんはムック。

お父さんのムックもチャンピオン直子でアメリカチャンピオンの孫にあたります。

アメリカ系のフレンチブルドッグらしい、頭とお顔が大きく、手足も短い愛されタイプ。

むっちむちのころっころですが、筋肉質でもあります^^

お母さんのミントと同じで超天然! お笑い担当のムックです。

003

 

 

 

おばあちゃんは当犬舎の看板犬、ミントです。

アメリカチャンピオン直子で、優良血統のアメリカンタイプ。

お目目クリクリ、かわいいお顔をしています。

「怒る」機能はどこかへ捨てたようで、「ウゥー」などうなって、怒っているところを見たことがありません。

天然ですが、とっても優しいミント。人間らしい子です。

人もわんこも大好きで、誰とでも仲良くなれる、とっても明るい性格です。

002

 

 

この子たちの血統を受け継いだ子犬たち。

ムチコロボディで、かわいいお顔になること間違いなし!

将来が楽しみな子犬たちです。

これからの成長が楽しみです^^